ローカルグッドニュース

9/10(日)「警固の街を撮る〜好いとうとこ、好かんとこ〜with福岡市コミュニティ推進課」レポート

今年度LOCAL GOOD FUKUOKA(以下LGF)はありがたいことに福岡市との共同事業提案に採択され「LOCAL GOOD(ICT×地域)プロジェクト」として福岡市コミュニティ推進課の方と協力して活動しています。
その一環として9月10日にイベントを開催しました!

タイトル「警固の街を撮る〜好いとうとこ、好かんとこ〜」

まずはじめにLGF 村上よりLGFの取り組みや今回のイベントの趣旨説明を行いました。
LOCAL GOOD FUKUOKAとは?なぜ今年度は福岡市と一緒に取り組んでいるのか、などLGF初体験の方にもわかりやすいよう簡単に、かつ噛み砕いて説明いたしました。伝わってたら良いな!

ゲスト登壇

次にゲストトークということでブロガー&webデザイナーのシャレ・ベネディクト氏とALBUS代表の酒井咲帆氏にご登壇いただきました。

まずはシャレ・ベネディクト氏から。

シャレ・ベネディクト氏(以降ベネ氏)

【プロフィール】
福岡在住のフランス人ブロガー&webデザイナー。2012年に福岡へ移住。
大好きな福岡や九州に関すること、好きなお店、発見した物や日常生活などを、ブログ「BeneのFukuoka!」にて日本語・フランス語・英語の3カ国語で配信中。九州観光推進機構から九州観光サポーターにも指名されるなど、幅広く活躍中。

ベネさん

「BeneのFukuoka!」の説明など

ベネ氏の自己紹介と普段の活動をお話していただきました。
ご自身のブログ「BeneのFukuoka!」で福岡や九州の事を日・仏・英の3ヶ国語で発信されていますが、最近は外国人観光客向けに日本を旅行中に気をつけるべきマナーを教える動画なども作成しこちらも世界に発信されています。(動画
参加者のみなさんと一緒に動画を拝見しましたが、私たちにとって当たり前なことも国が違えば常識が違うのだと改めて感じました。
外国から移住されたベネ氏だからこそできる・気付ける素晴らしい&面白い活動だと思います!
福岡に初めていらしたときに「ここに住んだら幸せになれる!」と直感的に感じ福岡に移住したというエピソードなどもお話ししてくださいました。
日本は北海道から沖縄まで色んな所に旅行されたそうですが福岡が1番良いそうです。嬉しいですね!

次に酒井咲帆氏のご登壇。

酒井咲帆氏

【プロフィール】
2009年まで九州大学USI子どもプロジェクトの一員として「子どもの感性」を育める場所づくりを行う。
09年に写真館『ALBUS(株式会社アルバス)』を福岡市中央区警固に立ち上げ、写真現像、プリント、撮影、企画などを行いながら、写真とは何かを日々実践中。
2017年12月に、薬院伊福町にて『いふくまち保育園』を立ち上げる予定。
酒井氏は写真館を構える意味を
・家族写真を撮ることで家族のふれあいの時間をつくることができる
・イベントを開くことができる
・カメラスクールやカメラの貸出と使い方を教えることができる
・公民館のようなみんなが集まれる場になれる
・俯瞰して見ることで”誰かの大切な場所かもしれない”
と考えていらっしょるそうです。
私たちも何度か打ち合わせのためにお邪魔しましたがご近所のおじいさんや小学生の男の子などが寄っていたことを思い出し、「公民館のようなみんなが集まれる場所」と聞いた時に”あぁ、そういう考えで写真館をされていたんだ〜”ととても納得しました。

21729779_1241953782577236_1692809791_o

ALBUSは警固にある一軒家の写真館です。

また今までのカメラ・写真を通したの活動をご紹介いただき保育園に「土の神様」からとして手紙と写真を送り続けることで子どもたちに「どうして土の神様は旅をしてるのかな?」など想像力を働かせるきっかけを作ったり、小学生だった男の子4人を何年も撮り続けることでその男の子たちの変化や環境の変化などがわかりまさに変わっていく瞬間を保存することができる写真の持つ可能性などをお話してくださいました。

お待ちかね!フィールドワーク

ゲストお二人のそれぞれの視点・捉え方・考え方のお話しを伺ったあとはいよいよフィールドワーク。
出発前に警固公民館の南館長より警固の街の特徴を簡単にご説明していただきました。
「本当なら2時間かかるとこを」と仰っていました5分ほどでわかりやすく完結に警固についてご説明いただきました。ありがとうございます!笑

21745106_1241953899243891_424319239_o

敏腕の南館長

警固地区にお住まいの参加者さんをリーダーに、5チームに分かれて「警固の好いとうとこ、好かんとこ」の写真を撮りに。
好いとうとこに関しては【指令】があり、みなさん指令カードを片手に警固の街へ出発しました☆

 

指令カード

指令カード

 

21729829_1241954002577214_1588550267_o

「好かんとこ」として落書きを撮影する子どもたち。

昼食&ディスカッションタイム

フィールドワークから帰ると、各チーム指令の中から2つずつテーマをくじ引きで選びます。
ご飯を食べながら、撮ってきた写真の中から代表の写真を話し合って決め「どうしたら好かんとこを好きになるかな?」などアイデアを出し合い発表の準備を進めました。

21742171_1241954265910521_604591225_o

チーム スーパーウルトラつまようじチームさん

21755001_1241954422577172_163010509_o

チーム 小烏さん

21733865_1241954299243851_1931934138_o

大人も子どもも一緒にまちのことを考えました♪

21744819_1241954369243844_1343814270_o

大人が多いチームはビジネスまで発展!

模造紙にまとめたらチームごとに発表。

21741914_1241954332577181_579685013_o

「雨が似合う場所」の発表

発表タイムでは子どもたちが積極的に発表してくれました♪
はっきり自分の意見を前に立って話す小学生に大人からは感嘆の声が漏れていました!
大人も注目して見ている前で好いとうとこも好かんとこのアイデアまでしっかり話せて、すごい!
自分が小学生だったら、、、絶対できてないと思います(;´∀`)

21733849_1241954329243848_1027815194_o

好かんとこを発表してくれた子どもたち

こちらのチームでは好かんとこの写真に細い路地の写真を用意してくださいました。
大人にはなんてことない路地ですが子どもたちはみんな「怖い」「鬼が出そう」「地獄の門に繋がってそう」などの意見が出たと発表されていて、他のチームもそうですが、こういう子どもの感覚を聞いて街づくりに取り入れていくのも、より安全な街を作っていくアイデアになるのかなと思いました。

例えばこちらの写真は好かんとこで発表されたもの↓

22095524_10213391711054671_291622042_o

好かんとこ「こんなとこにもわざわざラクガキ」

わざわざこんな細いところにラクガキする必要があるの?と。
館長も仰っていましたが、警固界隈はラクガキが多く街としても困っているとのことでした。
消してもまたラクガキされたりといたちごっこになるだろうから、いっその事思いっきり描いていい場所を提供したり、ラクガキの上からラクガキ以上のアートを描き、気が引けてラクガキできなくしてしまうなどの意見が出ました。
私も、どこだったか忘れてしまいましたがラクガキを消している猫の絵がラクガキの上にペイントされているのを見たことがあり、そういうのって面白いなって思います!

22068745_10213391711174674_366536976_o

好かんとこ「ビルの隙間に放置された荷物」

こちらはビルの隙間に放置されたトランクケース。
憶測ですがわざわざここに置いて遊びに出かけたのだろうと思い好かんとこ、とのことでした。
そんなことをする人がいることにびっくりですが、こちらは大人のチームの発表だったので解決策はビジネスに発展。
こういった隙間をお金を払って荷物を置く貸しスペースにしてしまうなど、ビルの隙間ビジネスにしてしまったらどうか、というアイデア!
さすが大人の多いチーム。実際そういった軒下やビルの隙間を委託や間借りしてそこでビジネスされているところもあるそうです。
この写真の場所も文字通りの”スキマ産業”ができると放置ではなくなり、正規の使い方として預かることができて良さそうですね。

他にも、好かんとこには
・空き家を放置せず上手く活用する(中の様子をわかりやすいように手入れする)
・フェンスで囲まれた行き止まりを整備&開放して公園にしたらどうか
・落書きの上からさらにカッコイイ絵を描いてアートにしてしまう
→空き家などを描いていいアートな場所にしてしまう
・歩道にゴミがはみ出しているから置き場を確保するなど対策が必要では?
・歩道が狭く危険だから特区申請し住民以外の車の乗り入れ禁止にしてみたらどうか?
・ビルの隙間に荷物が放置されている→貸しスペースにしてビジネスにしてみたらどうか?
・暗くて見通しの悪い路地を子どもは怖い場所だと感じるということがわかった
・座って休める場所がない
→子どもやお年寄りなど誰でもちょっと休める場所があるとみんなにやさしいまちになるのでは?
などそれおぞれの立場からだからこそ気づく、わかる、色んな意見やアイデアがでました。

21733919_1241954362577178_2040082733_o

ゲストお二人からの感想

みなさんの個性あふれる発表で盛り上がり、ゲストのお二人の感想のあと、恒例のLGFへの投稿をお願いしましてイベントは終了となりました。

21733611_1241954399243841_65109468_o

QRコードを読み取ってLOCAL GOOD FUKUOKA FBページへジャンプ!

 

参加者の感想

・カメラを通じて色々な発見がありました。模造紙への書き方も面白かったです
・じっくり警固の街を見れてよかった
・地域密着。これからの街づくりに大切なことだと思いました。知人にも参加の呼び掛けをしたいと思います
・よくも悪くもゆるゆるでよかったです
・子供の素直な意見に驚かされ、普段の自分の生活を見直すきっかけになりました
・街なかで写真を撮ることが難しくなってきた昨今、このようなイベントはとても有難い事で感想しております
・警固のまちをもっとくわしく知れてよかったです。3-3のみんなにも教えたい!
・街おこしをする人々の熱を感じた
・ゲストの方のお話しも楽しく、ワークショップもわちゃわちゃしてましたけど楽しかったです。
etc……

初の試みとなる公民館でのイベントということもあり親子で参加された方も多く、子どもたちのお陰で元気&和気あいあいとした時間になりました。
街のことに目をむけるきっかけづくりにもなれたんじゃないかなぁと思います。
LGFのFBページに写真を投稿してくださった方もいらっしゃいますのでよろしければ投稿ページもごらんください→https://goo.gl/j3sQFa
警固公民館さんもブログに書いてくださっています→http://kegoko.blogspot.jp/
(ありがとうございます!)
普段のLOCAL GOOD STATIONとはまた違った雰囲気で楽しかったですね!
今後は第一火曜日に開催しているLGSとはまた別で公民館でのイベントも開催していけたらなと思いました。

21733683_1241954442577170_911003852_o

みなさん、ご参加ありがとうございました!

また、ゲストでご登壇してくださったベネ氏、酒井氏の今後の活動などにつきましては下記リンクでチェックしてくださいね!
ベネ氏のブログ(日本語版):http://jp.benefukuoka.com/
酒井氏のALBUSのHP:http://www.albus.in/

ありがとうございました!

ニュース一覧へ戻る